ILS TOP100企業
2017年10月23-25日虎ノ門ヒルズで行われた第5回イノベーションリーダーズサミット(ILS2017)のメインイベント、大企業とスタートアップのマッチングプログラム「パワーマッチング」において、大企業から人気のスタートアップ「ILSTOP100」を紹介します。

ホワイトカラーの業務を代行する“RPA”で、
まったく新しいワークスタイルを創造する!

ILS TOP100

執筆者: 佐々木 正孝  編集:菊池 徳行(ハイキックス)

PC単純作業はロボットが代替する時代。
人の代わりに働く“RPA”がオフィスに進出 事業や製品・サービスの紹介

photo1.jpg 「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション」とは、パソコンで行う雑務を人間に代わって実行する技術。サイトを巡回して必要なデータを集めたり、定期的に画像をキャプチャしたりと、ルーティンワークを人力の数十倍のスピードで、しかもケアレスミスなくこなす。当然、RPAに就労時間の制約などない。継続して何時間でも作業を任せられるのが大きなメリットだ。

BizteX株式会社の「BizteX cobit」は、国内で初めてクラウドとしてリリースされたRPA。機能は至ってシンプルで、対象とする雑務を「記録」して、粛々と「実行」していく。

たとえば、「特定のWebサイトにアクセスし、その日のランキングデータを収集し、エクセルにコピーする」といった操作をソフト上のWebブラウザ画面で行い、「記録」する。このようにしていったん覚えた業務はオートマチックに実行され、集計結果がエクセルにまとめられていくという仕組みだ。社内システム、Webブラウザ、エクセルなど、複数のソフトを同時に操作できるため、事務作業と親和性が高い。

働き方改革が掲げられ、ホワイトカラーの生産性向上が喫緊の課題となった今、AIの機能向上によってRPAの導入が加速しつつある。フットワーク軽く導入できるBizteX cobitに期待があつまるゆえんだ。

フットワーク軽く使えるクラウドRPAが
強豪ひしめくRPA戦線で急浮上! 対象市場と優位性

photo2.jpg RPA市場はベンチャーから大手まで参入が相次いでいる。現在は1000億~2000億円規模だが、毎年50%以上のペースで広がっており、2020年には5000億円規模に成長するという試算もある。このようなダイナミックなマーケットで、BizteX cobitはどのような優位性を持っているのか。

既存のRPAの多くは海外製のローカライズ版で、システム担当者の利用を前提にした仕様が多い。さらに、クラウド版ではないオンプレミス版が通例のため、バージョンアップもほぼ年1回のペースだ。

一方、BizteX cobitはインストールすることなくスムーズに導入でき、ITスキルが高くない人でも直感的に操作できるインタフェースを整備。さらに、β版からの新機能実装が月間100件以上に及ぶなど、細かい改善を積み上げてきた。これはクラウドRPAならではのストロングポイントだ。

初期費用は30万円で、月額10万円からというプライシングも好評だ。2017年12月に正式版をリリースしたが、β版でトライアル用に発行したアカウント数は100件以上、作成されたロボット数は1000体以上、業務シナリオの実行は2万2000回以上に及ぶ。

RPA関連サービスが急速に浸透するなか、クラウドRPAの先導者としてBizteXの存在感は高まる一方だ。

ルーティンワークから人間を解放し、
高付加価値、創造的な仕事へシフト 事業にかける思い

photo3.jpg 同社代表の嶋田光敏氏は、ソフトバンクで法人営業やPepper for BizやIBM Watsonなどの新規事業開発に携わり、2015年に独立した。当初はシェアリング関連の事業を考えていたが、メンバーが集まらず、資金調達も頓挫。ビジネスモデルの確立に試行錯誤した時もあったという。

「RPAにフォーカスしてからは、仲間も集まり資金調達も行い、リソースを集中して一気に開発を進めました。たとえ完成品でなくても市場に出し、ユーザーの声を聞きながら質を高めていく。『とにかく圧倒的なスピード感で世に出すことだ』――ソフトバンクで学んだ孫正義イズムは私のマインドにも合っていたのです」

嶋田氏は法人営業の経験も豊富かつ、法人向けのビジネス開発に長けており、CTOの袖山剛氏はBtoBのアプリケーション開発を熟知。高度な事業開発力・技術力・営業力が下支えしたことで、BizteX cobitは大手広告代理店、メディア関連企業などに続々導入が進んでいる。

2019年にはグローバル版をリリースし、2022年の株式上場を目指す。嶋田氏は今後のロードマップを語った。

「ルーティンワークに割く時間をRPAに任せ、人間はクリエイティブに集中する。生産性向上、働き方改革にピタリとはまるソリューションなのです。労働人口が減って人材確保が厳しくなっていますが、これは先進国に共通する課題です。また、新興国では賃金上昇によりホワイトカラーの人件費が高騰しています。サービスの汎用性を高め、日本発のクラウドRPAとして、世界に打って出ていければと考えています」

BizteX株式会社
代表者:嶋田 光敏 氏 設立:2015年6月
URL:https://www.biztex.co.jp スタッフ数:8名
事業内容: クラウドRPA「BizteX cobit」の事業開発。
これまでの資金調達額(出資額)と主な投資会社名:
ジェネシアベンチャーズより4000万円。
ILS2017 大手企業との商談数: 12社

当記事の内容は 2018/1/16 時点のもので、該当のサービス内容が変わっていたり、サービス自体が停止している場合もございますので、あらかじめご了承ください。